So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
天体観測&イベント ブログトップ
前の10件 | -

第10回 ”星空案内人の集い” に行ってみた! [天体観測&イベント]

今月23,24日の両日に亘り、福島県三春町で開催された【第10回星空案内人の集い】に参加してきました。そのイベントの模様を今回はご紹介したいと思います。

グラフィックス1.jpg
グラフィックス3.jpg
グラフィックス2.jpg
こちらがイベント会場となった【さくら湖自然観察ステーション】です。緑豊かな里山をバックに大きな天体観測用のドームの佇まいが印象的です。因みに館内に入るとこんな感じ。

グラフィックス49.jpg
グラフィックス4.jpg
グラフィックス6.jpg
グラフィックス8.jpg
グラフィックス7.jpg
子供達が喜びそうな淡水魚や昆虫のコーナーもありますが、やはり個人的に興味があるのは天体や星景写真の数々。そして野鳥ですかね!

開会式までまだ時間があるので、とりあえず向かいにある【三春の里】で腹ごしらえすることに。

グラフィックス10.jpg
グラフィックス9.jpg
グラフィックス11.jpg
幾つか食事ができる所があるのですが、古民家の【里の茶屋】をチョイス。店内は土間と囲炉裏があり、開放的で落ち着いた雰囲気が良い感じです!

グラフィックス12.jpg
グラフィックス13.jpg
山菜おこわの ”わっぱ御膳“ を注文。ご馳走様でした!それから今回は目立つようにと背中に”星旅祭”のロゴの入ったTシャツを着てきました。祭の宣伝というもう一つの目的もありますので。


グラフィックス15.jpg
お腹がいっぱいになったところで、一足早く会場に向かい準備のお手伝いをすることにしました。既に会場では、3月の交流会でもお世話になった地元【天文サークル星空の会】の吉田さんが機材の準備に取り掛かっていました。


グラフィックス16.jpg
持参した”星旅祭”のパンフレットを準備。

グラフィックス17.jpg
グラフィックス18.jpg
グラフィックス19.jpg
”星旅祭”のブースを準備中の、ふれあいの丘天文館スタッフ&星旅祭実行委員の梁島さん。隣には星座ポインター他、彼の手作りの作品が並んでいますが、これがとんでもなく便利なお役立ちグッズで、作り方を教えて欲しいです!

グラフィックス14.jpg
横には【北茨城星の会】笹山さんが持ち込んだ、スターベース東京さん提供の手作り望遠鏡用木製架台が並んでいます。売れ残ったら、じゃんけん大会の景品にするというのでみんなで示し合わせて不買作戦に出るとの噂が・・・(-。-; 惨い!

グラフィックス21.jpg
これは前回から新たに設けられた、優秀発表者に贈られる【渡部 潤一奨励賞】の副賞です。直ぐあれと分かりますね!これもスターベース東京とビクセンさんにご協力頂いたみたいです。

グラフィックス22.jpg
高橋製作所天文同好会の中島さんは、タカハシの機材を展示していました。。老舗のオーラが凄い!やはり存在感が際立っていますね!

グラフィックス60.jpg
そうこうしていると受付開始時間になりました。今回は全国11都道府県から50名超の方が参加するとの事でもう既に沢山の方が並んでいます。

グラフィックス23.jpg
14:00からいよいよ発表会が始まりました。テーマは様々で、日頃の活動報告や観測成果、そして観望機材の改良事例や海外の天文文献の解説等多岐に渡っています。尚、司会進行は吉田さんです!

グラフィックス24.jpg
グラフィックス25.jpg
まず最初の発表者は我がすばる天文同好会の船越さんです。【メシエカタログ原典の紹介と活用例】というテーマで発表しました。原典(フランス語)を読める人は殆どいないので貴重なお話を聴かせて頂きました。後でフランス語はどこで習ったのか聞いてみたら、数学の論文書くのに必要だった云々・・・とのこと。頭良過ぎでしょ!

グラフィックス26.jpg
グラフィックス27.jpg
続いては、東北大学天文同好会 OB会 の原田さんです。【雨降る夜の楽しみ~カタログの向こうに想いを馳せて~】と題してお話をされました。立派な御髭が印象的です。

グラフィックス30.jpg
グラフィックス31.jpg
3番目が我が同胞、星旅祭実行委員の梁島さんのお話です。【星旅祭2018のご案内、および観望会のご協力依頼】と題して星旅祭をPR。参加者の皆さん、ご協力お願いしますm( _ _ )m。

グラフィックス28.jpg
グラフィックス29.jpg
次は【天才ダジャレオヤジの戯言】と題した我が同好会の川口さんの発表です。江戸中期の地理学者 長久保 赤水(ながくぼ せきすい)等のお話と同好会員へのアンケートの結果報告と今後の課題のお話でした。いつものダジャレを封印し、予想に反してまともな話をされていました。でも川口さんの順番になると途端に機材の調子がおかしくなる等、期待(必ず何かが起こる?)を裏切らない所はさすがです。

グラフィックス32.jpg
グラフィックス33.jpg
5番目は【浜野和天文台】の細井さんによる【小惑星による恒星食観測 一晩2観測成功事例】という観測体験事例のお話でした。普段あまり目にすることのない分野の話でなかなか面白かったです。

グラフィックス34.jpg
グラフィックス35.jpg
続いては佐野小観望会でもご一緒させて頂いた【ひたち星の会】の八重座さんの発表です。それは【車椅子のあなたの笑顔に会いたく・・・】という車椅子の方や小さなお子さん達にも観望して喜んでもらえる様に、新しい観測用の機材を作製した体験事例でした。いや~感動しました。私も常々お年寄りの方々(自分も若くないけど (^_^;) にいつか観せてあげたいと考えていたので、物凄く参考になりました。

グラフィックス36.jpg
グラフィックス37.jpg
次は【アニメ・マンガを活用した天文普及】と題した【日本天文愛好者連絡会】の友田さんの発表がありました。アニメーションやゲームとのコラボ企画は年配者の私から見れば斬新!若い人達へのアピールと言う意味で、天文普及活動の新しい方向性を示唆するもので要注目でしょう。今後このようなアプローチが益々増えてくるのではと思いました。

ちょっとこの辺で休憩をしましょう。この三春の里では何故か猫が沢山いました。確認しただけでも7匹はいたと思います。のんびりした寝姿を見るだけでも癒されました。
グラフィックス43.jpg
グラフィックス1.jpg
グラフィックス2.jpg
グラフィックス3.jpg
ご飯の心配も無いんだニャン(=^・^=)!

グラフィックス39.jpg
グラフィックス37.jpg
続いて天文愛好者連絡会 田中 千秋さんのお話。タイトルは【まちかど観望会の科学】です。理論派の田中さんらしく、観望会というテーマを科学的な視点で分かりやすく解説して頂きました。

グラフィックス40.jpg
グラフィックス41.jpg
本日最後は【阿武隈天文同好会】、大槻さんの【自作エアードームを使ったプラネタリウム投影について】という発表です。この後、簡易プラネタリウムの実演がありました。農業用のシートを利用し低予算で作製可能との事で非常に興味深かったのですが、残念ながら時間的な制約で見ることが出来ませんでした。


グラフィックス44.jpg
グラフィックス45.jpg
隣では【夢のほしぞら配達】代表の橋本さんが、【モバイルプラネタリウム投影方法あれこれ】とのコンセプトでプラネタリウムの実演をしていました。モバイルプラネタリウム最先端の映像技術を体験したのですが・・・いや~面白かった!デジタルの進化は予想以上に凄いです。天候に左右されないので、天文イベントにはピッタリかも?

ちょっとブレて星が流れてしまいました。
グラフィックス46.jpg

こんな映像も投影できます!
グラフィックス54.jpg
以上で、初日第一部の発表は終了です。皆さんお疲れさまでした!第二部は明日の9:00からと言うことで、その後質疑応答や自己紹介等で交流を図りました。


グラフィックス48.jpg
右側の川合さんは昼間でも惑星や星を赤道儀などを使わずに導入できるという強者!天体の位置が頭にインプットされているみたいです!いちばん左の大学生、見里さんは新幹線に乗って遠路はるばる神戸から・・・お疲れ様です!

グラフィックス47.jpg
右側のご婦人は東京の荒川区からお越しの杉本さん。お話から察するに、長年公共のプラネタリウムにお勤め?そのお隣はJAAA【日本天文愛好者連絡会】の茶木さん。左側の男性は私と同じ星旅祭の広報を担当している藤原さんです。そう言えばこの前渡した星旅祭のマグネットステッカーを車に貼って祭の宣伝してくれているそうです。無駄にならず良かった~!

グラフィックス50.jpg
これが今夜の宿、田園生活館です。木造の落ち着いた雰囲気で、大きなテラスは夜空の観望にピッタリです!

グラフィックス55.jpg
ゆっくりと温泉に入って夜7時からは懇親会が始まりました。みんな楽しそうです!

グラフィックス51.jpg
恒例のじゃんけん大会の一コマ。私は天文手帳とタカハシオリジナルのクリアファイルをゲットしました。

グラフィックス52.jpg
グラフィックス53.jpg
梁島さんが持っているのが同じクリアファイル。左側に写っているのは小田さん。小田さんと言えば3月の交流会で〇〇万円(一昔前なら軽自動車が一台買えました!)のニコン製双眼鏡しかも2台も持ってきて、参加者一同を驚愕させた方です。目の毒だ~!

グラフィックス56.jpg
右側の方は40㎝のドブソニアン(通称ニンジャ)でお馴染みの米田さん。隣の岸さんは昨年、川崎市から南会津にお引越ししたのですが、天体ドーム完備の自宅兼リゾート施設がようやく完成したそうです。

グラフィックス57.jpg
グラフィックス58.jpg
ちなみにこんな感じ。羨ましい!今度遊びに伺いますね!

グラフィックス59.jpg
見里さんは大きな月の写真をゲット!(アルプス谷周辺を写したもの。ちなみにCMOSカメラはZWO社のASI174。とんでもなく高解像度で欲しくなってしまいました。)

グラフィックス60.jpg
2次会は場所が無いので、本日貸し切りと言うことで宿の廊下で胡坐をかいて酒盛りです。気の合う仲間がいれば、場所なんてどこでもいいんです!

グラフィックス4.jpg
グラフィックス5.jpg
空が晴れ、星が瞬き始めた!との報告があり急遽、俄か観望会を決行。月や木星そして火星を堪能しました。

グラフィックス6.jpg
それから梁島さんお手製の【ステラポインター】は凄いです!星空案内人の必需品かも?これで遊んでいるのは、スターリング・プラネタリウムの社長、杉中さんです。

その夜、部屋に戻った私はガマガエルの大合唱に遭遇し熟睡できませんでした・・・もう少し酒飲んでおけばよかった (-。-;

グラフィックス8.jpg
グラフィックス7.jpg
翌朝9:00から発表会第二部が始まりました。先陣は【北茨城星の会】の松本健一郎さんの【雨情の里星まつり】と題した活動報告でした。ある時、星まつりのイベントを企画し、大々的に宣伝をしてメーカーさんや市長も列席したにも拘らず、当日誰も集まらなかった体験談はみんなの笑いを誘っていましたが・・・( ̄~ ̄)ξ いえいえ他人事ではありません!

グラフィックス72.jpg
グラフィックス9.jpg
グラフィックス11.jpg
次はすばる天文同好会の先輩、仲田さんの【ひたちなか市佐野小学校観望会の実施結果】と言うテーマの発表です。昨年秋、私が初めて参加した観望会の報告でしたが、参加人数の推移からみる現状の問題点の考察や今後の課題についてお話をされました。発表前に”ドキドキしているよ” みたいにおっしゃっていましたが、どうしてどうしていつもと変わらず堂々としていましたよ!

グラフィックス12.jpg
グラフィックス13.jpg
3番目に【新潟天文研究会】の斎藤さんの活動報告がありました。観望会のみならず、オリジナルカレンダー作成を通じた啓蒙活動や小学校、ホームセンター等での写真展など積極的な取り組みが印象に残りました。

グラフィックス14.jpg
グラフィックス15.jpg
ここで予定にはなかったのですが飛び入り参加で、秋田県【横手星の会】のゼウス竹内さんの動画を鑑賞することに!7月の火星大接近を分かりやすく動画にまとめたもので、面白かったです。それよりも普段からこの怪しい格好で活動されているみたいで、どう見ても新興宗教の教祖にしか見えません。インパクトは抜群でした!

グラフィックス17.jpg
グラフィックス18.jpg
発表会、最後は【天文サークル星空の会】の吉田さんです。【星空案内人の集い、10年目をむかえて!】と題して、発起人の彼にこのイベントを企画した経緯と第一回から今日までの振り返りを話して頂きました。色々なご苦労も垣間見えて、益々応援したくなりました!

グラフィックス19.jpg
グラフィックス20.jpg
グラフィックス21.jpg
グラフィックス22.jpg
グラフィックス16.jpg
このあと茶木さんの司会で【国立天文台】の縣(あがた)さん、【JAAA日本天文愛好者連絡会】の田中さん、そして星ナビでお馴染み【アストロアーツ】の上山さんの講演がありました。スペシャル対談ということでみなさん真剣に耳を傾けていました!

最後に投票が行われ、【渡辺 潤一奨励賞】の受賞者の発表がありました。
グラフィックス23.jpg
最優秀賞の八重座さん
グラフィックス24.jpg
優秀賞の斎藤さん
グラフィックス25.jpg
グラフィックス26.jpg
特別賞(縣 秀彦 奨励賞)の大槻さんと船越さん
グラフィックス27.jpg
受賞者の皆さん、おめでとうございました!

閉会式の後、皆さんで記念写真を撮り解散となりました。名残惜しいです!
その後、・・・
DSCN2357.JPG
栃木県高根沢町からお越しの菊池さん。久しぶりの太陽の黒点を見せてくれました。自宅に天文台をお持ちだそうです。家からそう遠くないので今度遊びに伺いますね!
グラフィックス29.jpg
昼間の金星を導入中の川合さん。
グラフィックス30.jpg
グラフィックス31.jpg
グラフィックス32.jpg
ステーションのスタッフの方が天体ドームの中を見せてくれました。タカハシ製25㎝フローライト屈折望遠鏡です。公共天文台の望遠鏡は大口径がトレンドですが、こと惑星に関してはこれぐらいの屈折が最強でしょう。是非とも最接近時に覗いてみたいです(^◇^)!


こうして二日間に亘るイベントが終了しました。星浸りの本当に楽しい二日間でした。皆さん!また来年お会いしましょう!

今宵の1曲、再登場、オーストラリアの女性カントリーデュオ【sunny cowgirls】で ”green and gold”
hqdefault148.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=1tt6NkzDm7Y

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

チケット販売開始! [天体観測&イベント]

グラフィックス1.jpg
本日から、”星旅祭2018” チケットのWEB販売が始まりました。⇒https://t.livepocket.jp/e/hoshitabimatsuri2018-ticket何と今回の早期購入の目玉は、当日会場で貰える限定グッズ(そうです!あの〇〇・・・言えません!)の特典です。数量限定で無くなり次第終了となりますので、購入はお早めに!

グラフィックス1.jpg
グラフィックス2.jpg
注文していた星旅祭宣伝用のマグネット・ステッカーが届きました。やはり大きい方が目立ちますね。大いに活躍してくれそうです。因みに関係ないのですが、後ろに写っているのは今日思わず衝動買いしてしまったシダ系の植物です。下の【アビス】もそうだけどシダ系の植物は予想以上に寒さに強いので新しいメンバーに加えることにしました。

グラフィックス3.jpg
そう言えば、10日程前に植え替えた多肉植物が物凄く元気になりました。萌木色の先端部がもうこんなに伸びています。このまま続けば今年も10㎝以上大きくなること間違いなし!楽しみだ~!

今日の1曲、大好きなCCRの曲をカバー
【The Sunny Cowgirls】で ”Lookin' out my back door ”

グラフィックス4.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=gz5QKh5LyFs

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

恥ずかしいなんて言わせない! [天体観測&イベント]

グラフィックス1.jpg
グラフィックス1.jpg
この前 ”星旅祭” のポスターとパンフレットが完成したことお知らせしましたが、先週末から暇を見つけてはポスターの掲示をお願いするために、市内のコミュニティーセンター等を中心に訪問してきました。しかしこれでもまだ十分とは言えないので、自費でマグネットステッカーを調達し愛車に貼り付けて宣伝しています。でもちょっと恥ずかしいので大きさは控えめに・・・ (^_^;。更に追加で数枚注文したのですがこちらは大きめに!どうせ他の広報メンバーに付けてもらう予定なので恥ずかしくない・・・?

WS000122.JPG
それから只今、祭のボランティアを募集しています。詳しくはこちらから⇒https://www.facebook.com/hoshitabimatsuri/

梅雨が明けるまで本格的な天体観望はお休みですが、晴れた日には涼みながら夜空を眺めてみては如何?そんな時にあると嬉しい双眼鏡!夏の天の川は流し見るだけでも楽しいのでオススメです!

今日の1曲、再登場【The Band Perry】で ” Don’t Let Me Be Lonely”
hqdefault147.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=_3czgSzH7Cc
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

”星旅祭2018”プレイベントに行ってみた! [天体観測&イベント]

今週の5月22日に大田原市の中央多目的公園で催された、”星旅祭”プレイベント第一弾【月面X観望会】に行ってきました。【ふれあいの丘天文館】のスタッフの一人で、実行委員のメンバーでもある梁島さんの呼びかけに、私を含め藤原さん、斎藤さんが愛機持参で参加!その他撮影スタッフの小川君や中村さん、勿論、説田さんも。中には埼玉から駆けつけてくれた前スタッフの大家さんの姿も!因みに私は仕事を途中で切り上げ(本当は物凄く忙しかったのですが・・・m( _ _ )m 会社のみんなごめん!)参加しました。でも予想以上に多くの方に来て頂き、参加して良かったと思っています。

グラフィックス1.jpg
梁島さんの20㎝反射望遠鏡。月面に浮かぶX,V,Lの3文字が良く見えました!参加された皆さんは大迫力の美しい光景に魅了されていました。

グラフィックス2.jpg
今回、双眼装置を持ち込んで、来場者には月や木星を観望して頂きました。双眼で見るお月様は皆さんには新鮮に映ったようで、代わるがわる楽しそうに覗き込んでいました!

グラフィックス3.jpg
グラフィックス4.jpg
撮影の方は設定ミスもあり上手く撮れませんでしたが、次回のお楽しみと言うことで。

グラフィックス3.jpg
地元の方々や国際医療福祉大学の学生さん等、多くの方が観に来てくれました!因みに一番手前に映っているのはスタッフの咲ちゃんです。

グラフィックス2.jpg
星空談義に夢中の昔の若者?

グラフィックス1.jpg
この夜は偶然にも20時過ぎにISS(国際宇宙ステーション)が日本上空を通過するとの事で、参加者みんなで観望しました!初めて見る光り輝くその光景にみんな大はしゃぎでした。次回のイベントの詳細は未定ですが、決まり次第お知らせします。またFacebook”星旅祭”⇒https://www.facebook.com/hoshitabimatsuri/のイベントチェックも忘れずに。皆さんも是非遊びに来てね\(^o^)/!

観望後記
私は今回、少し小さめの127mmと撮影及び、電子観望用の90mmのマクカセを持参しました。ところが調整中にトラブル発生!ミニタワーのコントローラーが通信エラーで不能に。バッテリー切れかと思い急遽新品に交換したのですが、それでも改善されず悪戦苦闘。そのせいで滞在時間が少しだった大家さん達に見せてあげるタイミングを逃してしまいました(˶‾᷄ ⁻̫ ‾᷅˵)ノ。ガッカリ!その後ケーブルの接触不良が原因と分かり、アラインメント設定の準備が完了。後はGPSとの通信が終われば終了・・・となるはずがいつまで経ってもOKのサインが出ないのです。もう自棄になって中途半端なまま月を導入してみたら不思議なことに上手くいきました。おまけに自動追尾も良好で何事もなかったように順調に動き始め、GPSも途中でいつの間にかOKになっていました。怪我の功名でしょうか。通信途中でも幾つかの衛星とは繋がっているようで、月程度の追尾なら問題無く動作してくれることは思わぬ発見でした!

今日の1曲、再登場【Alyssa Bonagura】と言えばやっぱりこれですか?
"I Make My Own Sunshine"
hqdefault143.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=sUFDFePer_c
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

”星旅祭2018”のポスター&パンフ完成しました! [天体観測&イベント]

グラフィックス1.jpg
昨日一月半ぶりに、”星旅祭” の打ち合わせに参加しました。仕事の都合で出られないことも度々ですし、限られた時間ではありますが、祭の成功と言う同じ目的に向かって皆さんとお話しできるこの機会をいつも楽しみにしています。これは昨日の実行委員会打ち合わせのワンショット。因みに最前列右に映っている女性は、今回初めてお会いした星旅祭の舵取り役の一人である説田さんです。これから本番に向けて増々忙しくなると思いますが、前任の芝田さん同様出来る限りサポートしますので、これからも宜しくお願いします (^^)v 。

グラフィックス2.jpg
朗報です!ついに星旅祭2018のポスター&パンフが完成しました。スタッフの皆さんの熱き思いが集約された素晴らしい作品に仕上がっています!更に、当日参加した皆さんに喜んでもらえるようなイベントを現在進行形で企画しています。イベントの詳細は
星旅祭Facebook⇒https://www.facebook.com/hoshitabimatsuri/?ref=page_internal
や私のブログ ”星空と大自然の贈り物”⇒http://skymusic-fun.blog.so-net.ne.jp/等を通じて随時発信していく予定なので乞うご期待です\(^o^)/。

朗報第2弾!
以前、同じ星旅祭スタッフの先輩であり、星仲間でもある藤原さんに頼んでおいた、栃木の誇る往年のコメットハンター【佐藤安男】さんに関する情報がようやく手元に届きました。それは天文ガイド1976年3月号に載った彼の新彗星発見の記事でした。当時、2か月間で2個の新彗星を発見するという素晴らしい偉業を成し遂げた彼のことを知っている人は、残念ながら今では殆どいません。でも彼の彗星に注いだ情熱を伝えていくことで、多くの人や子供達にこの素晴らしい星空の魅力を知ってもらえるのではないかと考えて、彼に関する資料を集めている最中です。ある程度まとまったらイベントを通じてご披露したいと思います。
グラフィックス3.jpg
若き日の佐藤さんと旧白河天体観測所の大野さんとのツーショット。二人ともホントお若い!星空談義に花が咲いていることでしょう!

グラフィックス4.jpg
愛機、自作15㎝反射望遠鏡と佐藤さん。久々にお顔を拝見して、よく遊びに行っていた当時の記憶が蘇ってきました。懐かしい( ̄~ ̄)ξ!

イベントのお知らせ
今月の5/22日(火)18:00~大田原市の中央多目的公園で、実行委員の梁島さん主催で星空観望会を実施する予定です(曇り及び雨天は中止だと思います)。今回の目的はズバリ、月面Xです。この希少なイベントを見逃すな!(今回は、一応私も飛び入り参加する予定です\(^o^)/。)

今宵の1曲、【Kristy Cox 】で ”That's Where The Faith Comes In”
hqdefault142.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=9QHmOrls0-E
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

残念な週末! [天体観測&イベント]

グラフィックス1.jpg
先週末、直近の天気予報では関東地方は晴れでした。という訳でワクワクしながら電視観望&撮影の準備をしていました。ところが予想に反して、私の住んでいるエリアではいつの間にか予報が曇りのち雨に変わっていました。定刻になって空を見上げると、残念ながら薄曇りで殆ど星が見えません・・・(-_-;ウーン 仕方ない。でも折角なので、高感度のCMOSカメラの目を通せば何か見えるかもしれない?と思って全方位レンズを取り付け、とりあえず眺めてみることにしました。あれっ!肉眼では見えないけど、しっかり星たちが映っているじゃない。面白い!電視観望初心者の私にとって、特にこんな夜は尚更、ちょっとした成果でも嬉しいのです(^_^;)。

グラフィックス4.jpg
グラフィックス3.jpg
この前購入したPCですが、中古と言うことで当然ながらバッテリーが長持ちしません。最大でも2時間ぐらい。これでは観望会ではあまり役に立ちません!そこでPC用のモバイルバッテリーを急遽購入しました(タイムセールの誘惑に負けてしまいました↓)。早速、 YouTubeの動画を音量最大にして閲覧しながら、どれくらいバッテリーが消耗するか試してみました。

グラフィックス5.jpg
グラフィックス6.jpg
結果、手持ちのPCではバッテリーの残量が約半分になるまでに要した時間は3時間45分。最低でも7時間以上は持つ計算になります。これでようやくセルフ電視観望会開催のめどが立ちました。

今宵の1曲は、【Australian Country】で ”Dont Lie To Me”
hqdefault141.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=FJ-Vx11iNWk




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ホッとした! [天体観測&イベント]

昨日の夕方、久々に晴れていたので、電視観望の練習をすることにしました。機材は前回同様90mmのマクカセを使用。先ずはアラインメント調整の為、ミニタワーⅡを水平に設置。その後方位を合わせて(電視観望ぐらいなら多少適当でも問題ありません)、鏡筒を天頂に向けてセッティング完了・・・のはずだったのですがここで問題発生。ゴツン!・・・何やら音がしたので下を見ると、CMOSカメラが地面に落下してしまいました。ゲッ!カメラ接続部分のネジを締め忘れていたのでした。何たる不覚 (-。-;!幸い傷つくことも無く、動作にも支障無かったのでホッとしましたが、皆さんも取り付けの際は十分注意して下さい。その後、レグルスとミザールでアラインメント設定し準備完了。本日の観望対象は前回に引き続き、しし座やおおぐま座の系外銀河や惑星状星雲です。

グラフィックス1.jpg
これはおおぐま座のM97ふくろう星雲のライブスタックの様子です。小さくて少し見難いかもしれませんが、中央にぼんやりと映っているのがそれ。もう少しスタックするとふくろうの顔にそっくりな様子がより一層はっきりしてきます。続いてしし座のM66を導入するつもりだったのですが、導入途中にリモコンのケーブルが絡まって外れ、電源が落ちてしまいました。うそでしょ!またアラインメントのやり直しです。気を取り直して再度調整することに。電源を入れてGPS表示がONからOKになればアラインメント開始できるのですが、いつまで待ってもOKになりません。通常4~5分しか掛からないはずなのに、全然変わる気配が無い!あ~世界卓球も観たいし、小腹も空いてきた。という訳で時間がもったいないので、機材を放り出したまま近くのラーメン店で腹ごしらえ。帰宅後、”これだけ時間が経てば大丈夫だろう” と思っていたのだが、覗いてみるとまだOKになっていない。ふと不安が過ぎる・・・もしかして故障?・・・取り敢えず世界卓球の女子を応援しながら対策を考えようと早々撤収開始。でも心中は穏やかでない。このタイミングで故障したら年内の活動を休止せざるを得ない。一応年末には新機種に買い替える予定ではあるが、今は未だ余裕が無い。TVで観戦中も、心ここにあらず状態で気持ちがスッキリしない(-_-;ウーン。最後にもう一回だけ外に出して電源入れてみようかな?と半ば諦めながら玄関の前に置いて電源を入れてみた。5分後戻ってみるとGPSがOK表示に変わっていました。何で?設置場所の移動が功を奏したのか分かりませんが、一応元に戻ったみたい。とりあえずホッとしました。こんな訳で今回はここまで!また時間があれば再チャレンジする予定です。

グラフィックス1.jpg
最近、愛車にステッカーを追加しました。こんな車見つけたら危ないので逃げて下さい!でも星空に興味のある方、遠慮なく声を掛けてね。

6月に福島県の三春町で第10回【星空案内人の集い】というイベントがあるので行ってきます。全国11都道府県、約40名ほどが集まるようで、今回が初参加になります。我が同好会からも仲田さんを筆頭に3人が発表をするというので今から楽しみです!まだ空きがあるそうなので、興味のある方は参加してみては如何ですか?お問い合わせは下記ホームページから
http://www.ne.jp/asahi/tenmon/subaru/diary1054.html

この前、国立天文台の山岡さんと言う方が【光害写真】の募集をしているとのメールが、福島県【天文サークル星空の会】の吉田さんから届きました。驚いたことにリンク先を辿ると、世界的な取り組みの一環のようです。宅地化が進むにつれ、我が家周辺の光害も増々悪化するばかり。私が小学生の頃、夜は天の川が道標になるくらい明るく輝いていたのに。私も常日頃から、美しい星空は後世に残すべき財産であると思っているので共感出来ます。もっと多くの人にその価値を知ってもらいたいと心から願っています。(もし光害の写真があったら送って下さい。宜しくね ( ゜ー^)⌒☆)

グラフィックス1.jpg
グラフィックス2.jpg
ところで、電視観望でライブスタックした画像を確認しようと、保存されたファイル(拡張子fits)を開こうとしたら既存のソフトウェアでは対応できませんでした。色々探したところ、【Makali`i】マカリィ(すばる画像解析ソフト )という天文教育用のフリーのソフトウェア⇒http://makalii.mtk.nao.ac.jp/を見つけました。お陰で助かりました (^◇^)。

今日の1曲、カナダのカントリーシンガー【Terri Clark】で ”Girls Lie Too”
hqdefault36256A2U.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=plJMQeKpz40
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

星空交流会㏌花立自然公園! [天体観測&イベント]

グラフィックス1.jpg
先週24日と25日の両日に亘り、茨城、福島県を中心とした関東周辺の天文愛好家仲間の星空交流会が行われました。今回初参加したそのイベントの模様を少しご紹介したいと思います。会場となった花立自然公園は、茨城県西部、栃木との県境の常陸大宮市にあります。私の住んでいる那須塩原市から比較的近いので、車で約1時間弱ほどで着きました。思ったより早く着いてしまったので、とりあえず周辺を散策してみることに!

グラフィックス7.jpg
グラフィックス4.jpg
まず途中にある展望台に登ってみたのですが、此処からの眺めはなかなか素晴らしいです!低山が幾重にも連なり、遠く筑波山や澄み渡ると海岸線まで見渡すことが出来るようです。この180度のパノラマ、一見の価値ありますね。

グラフィックス2.jpg
グラフィックス3.jpg
グラフィックス4.jpg
グラフィックス9.jpg
次に頂上にある花立天文台、通称 ”美スター”へ。此処はアマチュア天文家が設置から管理、運営まで担当する珍しい天文台です。翌日スタッフに方にお願いして内部を見せて頂きました。口径85㎝の反射望遠鏡はさすが迫力があります。機会があったら是非一度覗いてみたいですね!

グラフィックス5.jpg
グラフィックス8.jpg
グラフィックス6.jpg
そしてこれが本日泊まる予定のロッジです。ログハウス風のお洒落な外観で内部は、冷暖房、キッチン、お風呂等すべて完備されおまけに値段もリーズナブル!ただ駐車場が狭いのが難点。でも今回は全棟貸し切りなので気兼ねすることなく楽しめます。奥には毎年開催される ”花立山星まつり” のステージも見えます。


集合時間も近づき、そろそろ参加する皆さんが集まってきました。
グラフィックス9.jpg
今回の幹事役、福島県からお越しの ”天文サークル星空の会” の吉田さんは調理も担当されるので、料理の準備に余念がありません。美味しい夕食期待してますよ!

今夜の天気予報は曇りのち雨?でも折角なので天候が回復するのを信じて、皆さん持参した自慢の?機材を準備し始めました。
グラフィックス10.jpg
我が同好会の笹山さんの持参した ”買ってはいけない〇〇鏡” で語り合っている笹山さんと ”御殿場星の会” の岸さん。後ろでこっちを見ているのは牧さんです。岸さんはこの度、福島県の南会津に天文台を兼備した家を新築し、最近川崎から移住されたとのこと。また自宅と併設して多目的のイベント施設を近々オープンする計画とか?こんどみんなで新築祝いを兼ねて遊びに行きますね!

グラフィックス11.jpg
小田さんが持ってきたニコン製の高光学&高額な究極の双眼鏡(しかも2台)を囲んでみんなで俄か観望会!視野の広さ、そして隅々までくっきりしたその見え味に一同唖然!こりゃ~目の毒です~。

グラフィックス12.jpg
双眼鏡を大事そうに抱える川口さん

グラフィックス13.jpg
双眼鏡を覗く山形さん(中央)

グラフィックス14.jpg
船越さん持参の ”クエスター” はいつ見ても美しいですね!

グラフィックス15.jpg
グラフィックス16.jpg
グラフィックス17.jpg
萩谷さんは双眼望遠鏡2台と最近同好会に加入した森泉君に譲る為に屈折望遠鏡を持参しました。さすが双眼望遠鏡はどちらも素晴らしい見え味です!機能性やルックスも抜群で、萩谷さんのセンスの良さが光りますね。また森泉君に譲ってあげた望遠鏡もすっきりとした見え味で、入門用としては十分楽しめますね。怜君も大喜びでした。

グラフィックス18.jpg
東京からお越しの平田さんが持参した望遠鏡!架台の赤道儀はイタリア製で皆その色合いと洗練された美しさにうっとり。日本の光学メーカーも見習うべきとの意見に一同納得!

その他紹介したかった機材があったのですが、写真を撮っていなかったのでごめんなさいね!と言うか自分の持参した機材も撮るのを忘れてしまいました。今回はMac127spとこの間手に入れたビクセンの90mmマクカセを持参。誰か写真撮った人、頼むから送って~m( _ _ )m。

夕方、曇り空で月がかろうじてぼんやりと見えるだけの残念な天候に。更に天候が悪化しそうな気配で一同撤収!屋内での星空談義に花が咲きました。酔いが回って盛り上がる皆さんの写真は・・・内緒です。

グラフィックス19.jpg
グラフィックス20.jpg
DSCN1824.JPG
翌朝、起きてみると見事に快晴でした。眼下に見える雲海?も見事!朝日に照らされたロッジと天文台のコントラストも美しい!朝方には天の川も見えたそうです。その証拠に双眼望遠鏡が朝露に濡れて美しく・・?って、こりゃだめでしょ!萩谷さん置き忘れてますよ~(-。-;。

グラフィックス12.jpg
グラフィックス13.jpg
グラフィックス11.jpg
ラジコンも趣味の一つという牧さんが持参したドローン。空撮映像がスマホで見れる、しかも激安とのことで暫し目が釘付け。これ欲しい~~子供みたいに燥いでしまいました。
(左から金田さん、小田さん、牧さん、仲田さん)

グラフィックス15.jpg
グラフィックス14.jpg
グラフィックス16.jpg
此処には美しいに自然がいっぱいあります。鳥の鳴き声がするので振り向くと ”ジョウビタキ” が!朝ごはんと見回りかな?野鳥好きの私には更に魅力的な場所なのです。

最後に今回の交流会に参加して本当に良かった、心からそう思いました。新しい出会いと共に皆さんのお陰で楽しいひと時を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。またどこかでお会いしましょう\(^-^)/。

追伸・・・今回紹介できなかったり、名刺交換したにも拘らずお名前が思い出せなかったり、そしてお話しできなかった方々(宴会場狭すぎ!最初に自己紹介の時間が必要かも?)、ごめんなさいね!

今日の1曲、【Cole Swindell 】で "Break Up In The End"
hqdefault135.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=WU1C-zXDHis




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

定例観望会! [天体観測&イベント]

グラフィックス1.jpg
昨日は【すばる天文同好会】の定例観望会の日でした。しかし午後は都合が悪く時間までに現地に到着できない為、自宅にて ”一人観望会” をすることにしました。使用機材は 国際光機【フォトン経緯台】、スカイウォッチャー【MAK127SP】、ウイリアムオプティクス社【45°正立プリズム】、バーダープラネタリウム&GSO製【天頂ミラー】、自作【正立ファインダー】以上です。

グラフィックス2.jpg
今回のテーマは、観望対象の手動導入方法に関するものです。事前に船越さんから頂いた資料を参考に手動導入を試してみました。私の場合は通常、自動導入経緯台を使用していることもあり、手動で観望対象を導入することは極めて稀なことです。観測対象が主に、太陽、月そして惑星であることも理由の一つです。中学生の頃、所有していた反射望遠鏡の経緯台には上下の微動装置しかなく、ファインダーもオマケみたいな小さなものだったので、狙った対象を視野に収めたり、追尾するのに物凄く苦労しました。

DSC_0297.JPG
なので今使っている自作ファインダー等は全て正立タイプに改造してあります。また望遠鏡本体も正立プリズムを併用することが多いので、星図を見ながら導入するのは比較的簡単です。

DSCN1161.JPG
グラフィックス3.jpg
今回の対象の1つである、おおいぬ座の散開星団M41やNGC2362は船越さんの分かり易い手順書の助けもありすんなりと導入出来ました。試しに天頂ミラーに交換すると、裏像になるので少々難易度が上がってしまいます。イメージを反転して頭の中で整理しないといけないので、慣れるのに時間が掛かります。(私だけかもしれませんが・・・ (^_^;)  でも手動導入で星々を探すのは予想以上に楽しいですね。昔を思い出しました。お目当てに辿り着くまでのワクワク感が堪りません!デジタルには無いアナログの醍醐味かも?プロセスを味わいながらの天体観望も魅力的であると改めて感じた次第です。

今日の1曲、カナダのカントリーシンガー【Dean Brody 】で ”Canadian Girls”
hqdefault118.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=gvuHQkwMRmo
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キッズ・クラフト!! [天体観測&イベント]

DSC_0879.JPG
よく通っている【百均ショップ】で面白そうなものを見つけた。子供向け(11歳以上対象)の学習教材でタイトルは ”望遠鏡をつくってみよう”と書かれている。イベント等で子供達へのプレゼントとして使えるかも?と言う訳で実際に作ってみることにした。

DSC_0881.JPG
DSC_0883.JPG
DSC_0885.JPG
開封してみると、切り抜き用の台紙2枚、説明書、数種のレンズが入っている。

DSC_0902.JPG
作る前に、セロテープ、定規、サークルカッター、クラフトナイフ、スティック糊を用意。何れも百均ショップで手に入る。特にサークルカッターとクラフトナイフは色々な用途に使えるので買っておいて損はないですよ。見た目も奇麗に仕上げることが出来ます。

DSC_0887.JPG
まず台紙の丸い部分をサークルカッターで切り抜き(ハミ出さないよう慎重に!)、実線部分はナイフでカットする。折り目(点線部分)はヘラのようなもの(ハサミの刃の付いていない先端部でも代用できる)を使って軽く線をなぞっておく(折り易くなり奇麗に仕上がる)⇒ 半分にカットしたテープでレンズを台紙に貼り付ける⇒ 折り目にそって折る⇒ のりしろに糊付け⇒ セロテープで補強すれば完成!

DSC_0897.JPG
ガリレオ式

DSC_0901.JPG
ケプラー式

完成したのはガリレオ式(正立像)とケプラー式(倒立像)の2種類の望遠鏡。実用性は別として望遠鏡の仕組みを理解するには充分かも?お父さん!簡単にできるのでお子さんと一緒に作ってみては如何?

今日の1曲、【Easton Corbin】で ” A Girl Like You” (Lyric Video)
hqdefault (62).jpg
https://www.youtube.com/watch?v=Y9xWE7ol1qY

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 天体観測&イベント ブログトップ