So-net無料ブログ作成
天体観測機材 ブログトップ
前の10件 | -

面白くなりそう?Part2 [天体観測機材]

DSC_1051.JPG
DSC_1056.JPG
DSC_1081.JPG
DSC_1078.JPG
DSC_1086.JPG
ケンコー100Cの続き、今回は日中の眼視編です。ブログにUPした後、撮影用のアダプターを作ろうとDIY店で買ってきたVU管と手持ちの部品を組み合わせてみました。ところが重大な過ちが (-。-;・・・。アメリカンサイズとツァイスサイズの変換アダプターのつもりがツァイスの延長筒に!違うだろ~!無駄にしたくないので気を取り直して再びチャレンジ、無事変換アダプターを作りました。VU管、無駄にならなくてよかった。これなら撮影にも使えそうです!ただ今後使用するには筒内の乱反射対策が必要かな~。

DSC_1065.JPG
DSC_1070.JPG
ところで45°正立プリズムですが、使ってみると光路長が長過ぎて手持ちのアイピースでは無限遠で合焦しませんでした。90°ダイアゴナルならピントが合うと思うのですが、ツァイスサイズは持っていません。何か使えそうなものが無いかあちこち探してはみたけれど中々見つからない ( ̄~ ̄)ξ ・・・。

DSC_1096.JPG
DSC_1075.JPG
途方に暮れて色々部品を眺めていたら・・・ん!何となくある部品が目に留まった。何となく交換出来るような気がしてきたので試してみるとピッタリ!って元々こっちが本命みたい。45°の方には無理やり嵌め込んだ痕跡が・・・何たる不覚 m( _ _ )m ・・・随分前に改造していたことすっかり忘れていました。

DSC_1092.JPG
DSC_1084.JPG
DSC_1089.JPG
DSC_1100.JPG
DSC_1106.JPG
その後、色々なアイピースで比較、検証しました。結論から言いますと
①昼間の風景を見る限り、予想以上に細部までよく見える。
②副鏡の遮蔽率の影響でコントラストは低下するが、十分許容範囲内である。
③マクカセ全般に言える事だが、この機種も広視界のアイピースだとケラレる。
④眼視目的であれば、各収差は殆ど気にならない。
⑤あまり低倍率を欲張ると副鏡の影が気になる。
⑥オルソ・スコピックのアイピースと相性が良い。
⑦眼視でもクローズアップレンズにより周辺像の改善効果が認められた。
この機種、ネットでの評判はあまり芳しくありませんが、個体差が激しいのかも?

DSC_1105.JPG
DSC_1102.JPG
DSC_1111.JPG
Picture 540.jpg
試しに手持ちのWEBカメラで撮影してみました。約300mぐらい?離れた電柱の碍子(がいし)を直焦点(VGA)で写したものですが、風が強く、ピントが多少甘かったにも拘わらず、思ったよりはよく撮れていると思います。因みに下の写真は以前、MK127SPで撮影したものです。もっとも条件が違うので比較になりませんが。今度は、夜空で実際に星を眺めて結果報告する予定です!

グラフィックス1.jpg
グラフィックス2.jpg

今宵の1曲、【Hannah Trigwell】で ”Stay With Me”
hqdefaultY8XTL8HE.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=MGs2f1ncMgA

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

面白くなりそう? [天体観測機材]

DSC_1021.JPG
DSC_1030.JPG
ネットで見つけた古そうな望遠鏡が気になって思わずポチってしまいました。機種はケンコーの100Cです。調べたところ私の主力機であるマクカセと同じ?カセグレン系らしい。面白そうなので暫くこれで遊んでみようかと思います。製造年代は不明ですが、接眼部がツァイスサイズ(24.5mm)であることから相当古いのではないかと思われます。(もっとも【買ってはいけない望遠鏡】の類もツァイスサイズを採用しているものが多く少々不安ではありますが (-。-; ・・・?)

DSC_1024.JPG
DSC_1022.JPG
DSC_1033.JPG
DSC_1034.JPG
付属のファインダーですが、オマケのような如何にも安っぽい感じです。無いよりましと言ったところでしょうか。それと接眼部が妙に長いのでよく見ると、ケンコーのクローズアップレンズ(No3)が挟まっていました。視野周辺の収差改善の為、もしくは焦点距離の短縮目的でフラットナー/レデューサーの代わりに使用していたと思われます。(効果の程は判りませんが?)延長筒も付いています。

DSC_1039.JPG
DSC_1041.JPG
しかしこの前貰った反射望遠鏡に引き続き、またしてもツァイスサイズ対応とは・・・(-_-;ウーン・・・ん!ここで閃いた!そう言えば手持ちの45°正立プリズムは元々ツアイスサイズのはずでは・・・調べてみたらアメリカンサイズに改造してありました。シールテープを解せば一先ず使えそうです。あ~よかった!でも持っている撮影用のWEBカメラは合わないので変換アダプターは必要かも?

DSC_1037.JPG
DSC_1044.JPG
次に鏡筒内部を覗いて主鏡の状態を確認したところ、鏡の周辺が若干劣化しているようです。実害が出る程酷くは無いようなので、機会を見てクリーニングしようと思います?まだ実際に覗いていないので詳細は不明ですが、分かり次第UPする予定です!

今日の1曲、【Jordan Davis 】の歌で ”Singles You Up”
hqdefault128.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=0hjqGN-9anA
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

差し上げます! [天体観測機材]

DSC_1006.JPG
去年の暮に知り合いから「使っていない望遠鏡があるけど要らない?」と聞かれたので、機種も確かめず天文愛好家の悲しい性でしょうか、条件反射的に「頂きます!」と即答してしまいました。私はてっきり屈折式と勝手に思い込んでいたのですが、届いたのは年代不明の古ぼけた反射望遠鏡。本体とアイピースが3種類、簡易式赤道儀、そして三脚一式でした。古いとは言え、見た目だけで言えば私が最初に買った望遠鏡に比べれば、口径も大きく立派なもんです!多分、主鏡をクリーニングすれば使えると思いますが確認はしていません。それと接眼部がツァイスサイズ(24.5mm)対応なので、手持ちのアメリカンサイズ(31.7mm)のアイピースが使えないのです。ノークレーム、ノーリターンで自宅まで取りに来られる方に無料で差し上げますので、欲しい方は連絡してね!

DSC_1008 (2).JPG
メーカー不明ですが一応安心のMade inJapanです!

DSC_1012.JPG
簡易赤道儀と木製三脚

DSC_1000.JPG
アイピースはケルナー20mm、オルソ・スコピック12.5mm、SR4mmの三種とサングラス。一応クリーニング済みです。

今日の1曲、【Southern Raised 】の演奏で "Angels Swing A Little Lower"
hqdefault127.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=UVymw3-hnjM

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

観望会向き? [天体観測機材]

グラフィックス1.jpg
グラフィックス1-3.jpg
台風が過ぎれば、いよいよ晩秋の本格的な星空観望シーズンの到来かな?同好会に加入したこともあり、今後は星を見るというより、見せる機会が更に増えると思います。架台にiOptron(アイ・オプトロン) ミニタワーを選んだのも、複数の人に見てもらうのをある程度想定してのこと。 ”パラレル” で対象物を二人同時に見せることが出来るので、観望会向きだと思います。試しに久々に機材を引っ張り出して、組み上げてみました。右側が BKMAK180 で左側が MAK127SP。ただ左右の鏡筒の焦点を一致させるのには工夫が必要かな?垂直は問題無いけど、水平方向はスペーサーを挟んで調整するしか方法が無いようです。それと耐荷重はギリギリ問題無さそうだけど、前後のバランスを取るのは難しいので、過負荷になるのがちょっと気懸かりかな( ̄~ ̄)ξ・・・?

今日の1曲、お馴染み【Blackberry Smoke 】で ” Rock And Roll Again”

hqdefault113.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=W3S6TEj9_YY
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

黒点撮影用フィルター! [天体観測機材]

DSC_0529.JPG
DSC_0531.JPG
DSC_0532.JPG
DSC_0534.JPG
DSC_0535.JPG
DSC_0536.JPG
DSCN0317.JPG
この前購入したCoolpix B500 ですが、色々試したのですが残念なことにどうやらこの機種はコリメート撮影には向いていないようです。私のやり方がまずいのか、上手く焦点を合わせることが出来ません。まあ実際に使ってみないと分からないので仕方ないですね。取敢えず、お手軽黒点記録撮影用に太陽フィルターを作ることにしました。先ずカメラレンズ先端にフィルターを固定するため、ピッタリサイズの蓋状の物が無いか探してみたところ、2インチアイピース用の先端部のキャップ(50.7㎜)が使えそうなことが分かりました。見掛け上カメラのレンズは小さめなので、取敢えず円形カッターで切り抜いて装着してみると、外周にケラレが発生してしまいます。更に調整する必要があるので、ここからは手芸用の先端が弧状になっている小さなハサミを使ってカットしていきます。キャップの外周2㎜幅ぐらいでほぼ干渉が無くなりました。今回使用するフィルターは、バーダープラネタリウム社のアストロフィルターです。適当な大きさにカットしたら今度は、直ぐ剥がせるタイプの両面テープで貼り付けます。次にこのままでは見栄えが悪いし、強度が不足するのでマジックテープを外周に巻きます。最後にキャップの内側にテープを少しづつ貼り付けて緩みが無くなるまで微調整すれば完成です!早速手持ちで撮影してみましたが、かなり小さな黒点まで捉えていて写り具合は上々のようです。意外と簡単なのでB500ユーザーの方、作ってみては如何?

今日の1曲、久々にアメリカン【Blue County】で ”Good Little Girls”

hqdefault102.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=8dWF2xQfbEU
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初めての・・・? [天体観測機材]

DSC_0391.JPG
DSCN0197.JPG
DSCN0208.JPG
遂にカメラが我が家にやってきました。NikonのCOOLPIX B500 です。いや~それにしてもデジカメは安くなりましたね。本体だけだと税込み2万円ちょっとで買えるんですから。色は黒だと少し地味なような気がしたのでプラムにしました。派手さが無く落ち着いた色合いで気に入っています。同価格帯で競合する他のメーカーの物と比べ、夜間撮影と動画撮影に有利なことが選んだ理由です。細かい設定が省かれている分、お手軽、簡単に使えるのでビギナーには十分でしょう。おまけに光学40倍ズーム機能付きです。今まで惑星の撮影用には、改造したWebカメラを使っていましたが、そろそろ限界を感じ始めているので、コリメート撮影にも挑戦しようと購入した次第です。また、再開する予定の野鳥の記録用にも使えるしね。一昨日の夜早速、手持ちで月を撮影(2M)してみましたが、ここまで写るとは正直驚きです。これならソーラーフィルターを付けて、今話題になっている太陽の黒点記録用にもいいかも!

今日の1曲、【High Valley 】の歌で ”MakeYouMine”

hqdefault92.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=3R422tahouA
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お手入れ! [天体観測機材]

DSC_0305.JPG
夏は湿度が高いので、アイピース等光学部品の管理には少し気を遣いますね!指紋や汚れが無ければ、ブローだけして、除湿剤と一緒にアルミケースに入れて保管しています。今日は久しぶりに常用しているアイピース達のお手入れをしました。一番左側が【ASTRO‐TECK TITAN TYPEⅡED40mm】です。視野の広さも十分で、星像の乱れも少なく見え味もスッキリ!主に星雲、星団を観る時に使っています。真ん中は【HYPERION CLICKSTOP‐ZOOM MARKⅢ】。双眼装置を使うようになるまでは、これ1本で惑星や月から星雲、星団まで観望していました。オールラウンダーで大変使いやすく、見え味も良いと思います。またコーティングの色合いが素晴らしいですね!一番右は【MEADE SP56mm】。アイレリーフが短めなので、密着して覗き込まないと視野周辺まで見えないし、視野もやや狭い等、少々使いにくい面はありますが、長焦点なので低倍率で観望するには欠かせません。見え味は悪くないと思います。

DSC_0309.JPG
上の3つは殆ど使っていません。左はメーカー不明の【UW80° F30mm】です。アイレリーフが狭いし、昼間見ると若干着色があるような感じで見え味も平凡です。真ん中は【WILLIAM OPTICS FERRARI ZOOM】です。使い勝手は良いのですが、視野周辺が若干暗くなる感じで今一つかな?最後は【GSO】社の50mm。アイレーリーフが長すぎて、おまけにブラックアウトしやすく使いにくいです。

DSC_0311.JPG
上の写真は【BAADER PLANETARIUM】社の Clicklock 90° 天頂ミラーですが、大変に使いやすく、クリックロックは一度使うと手放せなくなります。購入を検討されている方にはオススメです!

暑いせいか、仕事の後の一杯がとんでもなく美味い!でもくれぐれも飲み過ぎない様に・・・。
【Kevin Fowler】で ” I Aint Drinkin Anymore ”
hqdefaultXZ58ANO4.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=wdc9CntTuKs

そろそろ! [天体観測機材]

もう直ぐ8月、撮影好機を逃してしまいそうなのでそろそろ活動開始です。以前、一期一会で紹介した、恩師でもあり書家の柿沼先生との約束も遂行しなければなりません。そこで保管しておいた観測機材の点検を行いました。まずはメインのBKMAK180です。

DSC_0286.JPG
DSC_0288.JPG
メニスカスレンズの状態を目視確認しましたが、異常なし!前回の使用後、花粉や埃をブロアーで除去してから保管して置いたので問題ありませんでした。ほっ!ただケース内と本体カバー内の除湿剤は交換しました。

DSC_0290.JPG
DSC_0291.JPG
次に、ファインダーを点検。これも異常は見られませんでした。

DSC_0294.JPG
DSC_0297.JPG
最後に、電動フォーカサーの動作確認を実施。前回UPした動画が少し観難かったので、再UPしますね!

DSC_0300.JPG
DSC_0302.JPG


先生、撮影出来たらまた遊びに行きますよ!楽しみにして待っててください (^◇^)・・・。

今日も、【ブラッド・ペイズリー】推しで行きたいと思います。"Old Alabama "

hqdefault68.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=ZDRfrVMrV6Q

使い勝手はいいですよ! [天体観測機材]

DSC_0049.JPG
DSC_0050.JPG
現在、MAK127SPで使用している、お気楽観望用の【PHOTON経緯台】ですが、値段の割には(国際光機の特価セールで確か2万4千円だったような?)しっかり造られていて使い勝手もいいですよ!BKMAK180では耐荷重の関係で役不足ですが、シュミカセの中口径クラス迄ならば十分対応してくれます。別売オプションのPHOTON経緯台専用両軸エンコーダーを購入すれば、スマホやPCによる自動導入も可能。発展性も含めて、初心者の方にはお勧めです。

DSC_0051.JPG
こっちは、以前購入した【ミニポルタ】風の経緯台です。値段が安かったので衝動買いしたのですが失敗でした。安いなりの性能で、双眼鏡ぐらいしか使い道がありません。三脚部分も華奢だったので、カメラ用の物に載せ換えて使っています。何事も土台が大事ですね!

今日の1曲は、今月公開されたばかりの【Danielle Bradbery(ダニエル・ブラッドベリー)】の 歌で ”Sway ”(Static Version) 素敵なメロディーですね~~。

hqdefault (16)3.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=HBwpwIs_2KY

iOptron ミニタワーⅡ [天体観測機材]

170515_074919.jpg
この前撮影に使った、自動導入経緯台、iOptron(アイ・オプトロン) ミニタワーⅡ。英語表記の為、慣れるのちょっと時間が掛かりますが、慣れてしまえば設定が簡単なので太陽、月の撮影やベランダでのお気楽観望にはピッタリです。オススメです!ちなみにこの商品は今は亡き ”Telescopper" さんから購入しました。”Telescopper"さんの所在が不明になった当時、悪い噂ばかりが飛び交っていましたね。手頃な値段で、他では売っていない商品も取り扱っていたので良く利用していました。色々アドバイス等もして貰っていただけに店が無くなってしまったことは非常に残念です。オマケにアフターサービスも受けられないし   (-。-;・・・。ミニタワーは ”ジズコ” さんで取り扱っているようなので、壊れたらまた買おうかな?

Wハープが売りのバンドに在籍していたせいか、こういう音楽も大好きなんですよね!【Gilles Gosselin_】の演奏で ”REEL DE LA GUENILLE”

hqdefault (14)0.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=gJ3YRVOMEMU
前の10件 | - 天体観測機材 ブログトップ