So-net無料ブログ作成
検索選択
天体観測 ブログトップ

今日の撮影裏話 [天体観測]

170430_092610.jpg
170430_090407.jpg
今日の撮影は、久々なので思ったよりドタバタしました。機材を準備してミニタワーⅡの電源をON。あれ!電源が入らない!なんで!っとよく見たらポータブル電源の容量がゼロ。くっそー!昨日のうちに確認しておけばよかった・・・(^_^;)。早速電池を入れて(ミニタワーは電池でも駆動可能なのです。)GPS起動。昼間は星が見えないので通常のアラインメントは不可ですが、予め方位や水平をちゃんとセッティングすれば問題無し。セレクトで太陽を指定するとほぼ太陽の方向を向いてくれる。手動操作で視野の真ん中に導入したら追尾モードをONにすると暫くは自動で追尾してくれる。さあここからが大変でした。Qcom130xのドライバーは、設定の保存が出来ないので、新たに露出、ゲイン、明るさ、コントラストを調整しないとまともに映らない。しかも望遠鏡の焦点合わせも同時にやらなければならないのです。(この面倒臭さが原因で最近はご無沙汰だった訳。)何とか等倍撮影は終了、さて次は全景撮影に移ろうかな~。あれ!レデューサーが無い!それからあちこち30分ほど探し回りやっと発見!なんか撮影よりこっちの方が疲れました(-。-;。でもそろそろ限界かな?もう少し楽に撮影できるように、真剣に撮影用カメラの購入を考えないと・・・( ̄~ ̄)ξ。
※・・・ソーラーフィルターはバーダープラネタリウム社のアストロフィルターで自作したもの。ゴムシートを巻いているので見た目も悪くないでしょ?Qcom130xにはアンタレス社のレデューサーとGSOのIRカットフィルターを装着。

疲れをいやすには、お酒と音楽が一番!【Kenny Chesney(ケニー・チェズニー)】で ”Save It for a Rainy Day”
hqdefault1.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=zY9es8R4PD4

お待たせしました! [天体観測]

Picture 534.jpg
Picture 526.jpg
Picture 528.jpg

お待たせいたしました。上の画像は、昨日お伝えする予定だった太陽の現在の様子です。今朝、8:00頃撮影しました。肝心の黒点ですが、やはり殆ど見られませんでした。。コントラストや明るさを調整しながら確かめましたが、かろうじて極小のものが2つ確認できただけです。もっとも自転の関係もあり、裏側は見えていないのでこれだけで断定はできませんが・・・? 因みに下の写真は4、5年程前に撮影した5月から7月にかけての黒点の様子です。明らかに違うのが一目瞭然ですね。温暖化か叫ばれている昨今ですが、本当は寒冷化に向かっているという説もあります。真偽の程は定かではありませんが、やっぱり太陽は、いつも元気でいて欲しい、もっとも地球とは絶妙なバランスで成り立っているので程々にね!

Picture 77.jpg

Picture 222.jpg
Picture 224.jpg
Picture 244.jpg

今日は、いつもカッコいい【Jimmy Wahlsteen(ジミー・ウォルスティーン)】の演奏で”Shifts of Attention”
hqdefaultjimmy.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=0kKR5XuYL9c

満天の星空と音楽との出会い 星旅祭2017 [天体観測]

js_img_108814_1.jpg
昨年催され大好評の、トラベル・アストロ・ミュージックイベント ”星旅祭り2017” が今年も栃木県大田原市 ”ふれあいの丘” で開催されます。全国1位に4度も輝いた星空の下、満天の美しい星々を眺めながら癒しのひと時を過ごしてみませんか?アーティスト達によるライブ演奏や美味しいグルメなどイベントも盛りだくさん。詳細やお問い合わせは【星旅祭実行委員会事務局】まで
http://hoshitabimatsuri.com/index.html#menu
js_img_108814_3.jpg
初めて、今年は”星旅祭”に参加します。今まで県内ではこのようなイベントが無かったので今から待ち遠しい。指折り数えて楽しみにしています。当日の様子は後日ブログにアップする予定です。
今日の1曲は、大好きなギタリスト、【Tommy Emmanuel(トミー・エマニュエル)】で ”One Day ”
hqdefault (7).jpg
https://www.youtube.com/watch?v=K0QNj2ekusg

ちっぽけな! [天体観測]

170408_124621.jpg
週末の朝は、以前紹介した【烏ヶ森公園】でコーヒーをを飲みながら本を読むことが習慣になっています。先月読んた本の中に、ホーキング博士の著作、【ホーキング、宇宙のすべてを語る】 と 【ホーキング、宇宙と人間を語る】 の2冊があります。佐藤勝彦教授の訳も素晴らしく、面白くて一気に読んでしまいました。値段も安く(BOOKOFFで併せて400円で購入)、内容を考えると私にとっては恐ろしいハイコストパフォーマンス!難しい話はさておき、氏曰く、宇宙の星の数を塩粒に例えると、単純計算で、直径13キロの玉に収まるかどうかだそうです。世界中の砂浜の砂粒より多い(更に4000万倍)という話は耳にしたことがあるのですが(これは凄すぎてイメージが湧かない!)、何となく姿が見えた気がします。とは言え、旅客機の飛行高度以上の塩の塊・・・SFではありません!やはり凄すぎて、思考停止、イメージするの止めました。宇宙に比べれば自分が如何にちっぽけな存在か思い知らされます。ちょっとしたことで悩んでいる自分が馬鹿らしくなってきます。困った時、悩んだ時、壁にぶち当たった時、そんなことを思いながら夜空を見上げてはいかが?きっとまた違った答えが見つかると思いますよ!
※・・・今日の1曲は、ニューエイジ部門でグラミー賞を受賞したギタリスト、【クレイグ・チャッキソー】が在籍していたバンド、【STARSHIP】で ”Nothing's Gonna Stop Us Now”です。たまにはROOKもご紹介。何よりバンド名がGOOD! 映画、オリジナルの【マネキン】も最高でした!

https://www.youtube.com/watch?v=3wxyN3z9PL4

ある天文ファンの願い [天体観測]

170330_152727.jpg
今月中旬、お隣、大田原市の公共天文台・ふれあいの丘天文館⇒http://www.fureai-tenmonkan.jp/e_telescope.htmlに初めて遊びに行ってきました。主な目的は、私がもう一度お会いしたいと願っている、お世話になった地元のアマチュア天文家、彗星ハンターの佐藤安男さんに関する何らかの情報が得られるのではないかと思ったこと、そしてやはり大口径の望遠鏡とのご対面です。天文の趣味が復活してから何年も経つのに何を今更、と思うかもしれませんが大口径の望遠鏡は ”目に優しく” ”経済的に厳しい”(欲しくても買えません) ので躊躇していたのです。ブログに紹介したいと思い立って、館長さんに許可を頂くため会いに行くことにしました。でも当日は生憎館長さんが不在で、他のスタッフの方が対応して下さり、館内や使用設備を丁寧に説明して頂きました。とても楽しいひと時を過ごすことが出来ました。今日、電話で館長さんにお話を伺うことが出来ましたが、やはり佐藤さんに関する情報はお持ちでない御様子でした。しかも館長さんでも名前すら知らないとの事。彗星発見に情熱を注ぎ、歴史に名を刻んだ地元のアマチュア天文家の先駆者の名が忘れられていることに、少なからずショックを受けました。でも無理もありません。県内には天文愛好家や天文ファンの情報交換できる同好会やサークルが、ネットで検索しても私の知る限り見当たらないのです。今後の天文ファンの裾野を広げ、発展していく為には、愛好家たちの交流、情報交換、定期的な啓蒙活動が不可欠だと感じています。県内や地元の愛好家の方や初心者の方(私も含め)大歓迎!、情報交換しながら一緒に楽しく活動しませんか? 興味のある方、以下のアドレスにメールにて連絡ください。⇒xy747544@jg7.so-net.ne.jp
※・・・情報交換できる仲間がいる人たちが羨ましい。地元にいなけりゃ、いっそ他県に乗り込むか!
近県の方、もしかしたら、お邪魔することがあるかもしれません。その時は宜しくです。今の心境は、歌で表現するとこんな感じかな?【ハンター・ヘイズ】"Everybody's Got Somebody But Me" だいぶ違うかも?
https://www.youtube.com/watch?v=yVdnvQsKyUs&list=RDyVdnvQsKyUs&index=1

一人メシエ・マラソン [天体観測]

131001_050258.jpg
昨日の夜は晴天、雲もなく絶好の観望日和だったので、久しぶりに一人メシエ・マラソンを堪能しました。3月も後半近くになると靄がかかったり、天候も不順になることが多くなるので、冬と春と夏の星座が観望できる今頃から中旬にかけてが、私的にはBESTかな?月が沈むのを待って夜10時頃から早速観望開始。オリオン座M42を皮切りに、途中何度か休憩を挟みながら、しし座、おおぐま座、 りょうけん座、かみのけ座、おとめ座の主要な散光星雲、星団、銀河を制覇。ただ翌朝3時以降は、いつもながら南東から東方向がご近所の家のせいで死角になってしまい、それ以降の観望を断念。4時頃になると東の空には、白鳥座や琴座など夏の星座も見られるのですけどね。残念です。でも普段あまり系外銀河を眺める事が無いので、今見ている姿が数千万年前のものだと思うと、やっぱり感慨深いものがありますね・・・( ̄~ ̄)ξ

※・・・シャルル・メシエは、フランスの天文学者。『メシエカタログ』を作ったことで有名。メシエ・マラソンとは、彼のカタログに載っている星雲、星団、系外銀河等を一晩にどれだけ数多く観られたかを競う一種の遊び。

太陽も面白い [天体観測]

Picture 190.jpgPicture 229.jpgPicture 185.jpg
以前は、太陽も撮影して楽しんでいました。アストロフィルターで自作した簡単なフィルターでしたが、思ったより良く見えました。太陽は一年中対象になるので、いずれHαブロックフィルターを手に入れて子供たちに見せてあげたいです。
天体観測 ブログトップ