So-net無料ブログ作成
検索選択

エピソードⅠ [一期一会]

140517_074002.jpg
今日はちょっとだけ、親友との数ある高校時代のエピソードの中から一つご紹介しましょう。今思えば、今回のイベントに繋がる交流の始まりは、PCのプログラミング授業を抜け出しての、教室で二人だけの時事ディスカッション。あいつの持参した新聞を前に、いきなり ”有事立法についてどう思う?” という彼の第一声。えっ!一瞬、返答に窮してしまった無知な俺。その頃は、進学するための受験勉強に忙しくて、世界や国内情勢なんぞにあまり関心が無かったし、新聞も殆ど読まなかったこともあり、MYハートにディープインパクト!当時からあいつの視線の先、考えていることは俺より遥かに大人だった。お星さまの話なら大歓迎だったのに・・・。でもこのことがきっかけで俺も真剣になって、時間を見つけては新聞に目を通し、時事について考えるようになった。また読書する習慣が身に着いたのも彼のお陰だ。そうして話し合いを重ねる中でお互いを認め、高め合う事で友情が深まっていき、結果、恋愛観や下ネタまで本音で言い合える親友になっていったのです。その頃の先生達のあいつに対する評価は ”勉強しないし、言うことを聞かない” どちらかと言うと不良のレッテルだったかな?ある時、講堂の壇上で、先生たちの目の前で受け取った賞状を破り捨てるくらいだからね。(最もクラスの仲間は彼の振る舞いには理由があり、クラスみんなの気持ちを代弁した挙句の行動だと理解していたので、内心では拍手喝采でしたけど!)キックボクシングのジムにも通っていたので、間違いなく喧嘩も強かったと思うよ。俺はどちらかというと体力にあまり自信の無いガリ勉タイプかな?でも初めてあいつと会話した時に感じた印象、今でもはっきり覚えている。”なんて包容力のある優しい奴なんだ” と。あいつも俺のことを多分、みんなが決めつけたレッテルとは違うことに気付いてくれていたんだと思う。俺も受験が無けりゃ本当はみんなの様に遊びたかったし・・・。とにかく色んな話題について話し合うことが楽しくてしょうがなかった。ある時、二人で相談して新聞を作って教室に貼り出そうと計画を立てた。それは戦争の悲惨さを訴える手作りの学級新聞。どういう訳か俺の実家には、大東亜戦争の東京大空襲で焼け出された人々の悲惨な写真や軍艦の写真があったので(爺さんは戦前、都電の運転手で親父も向島生まれだったことも関係あるのかな?)それを貼り付け、石塚がコメントを書いて ”戦争と平和についてもう一度考えてみよう!” と訴えたのでした。当時そんな真面目なことを考えていた奴は他にいなかったので反響は今一つだったような?でもそんなことはどうでもよかった。二人で同じ価値を共有して、一つの事を成し遂げたことに意義があったのです。懐かしい、そして一番会いたい、親友との青春時代の思い出です。

【Kacey Musgraves(ケイシー・マスグレイヴス)】の歌で ”Somebody To Love”

hqdefault30.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=DpHLh4iNGAc
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0